カジノ シークレットの出金方法・入出金の限度額と手数料・出金スピードについて

カジノ シークレットの出金方法について解説します。

勝利したときに必ず通る道ですので、出金するイメージをしておきましょうー!

※公式サイトと大幅な違いがある場合は、公式サイトの数字を優先してください。

参考 カジノシークレットの登録方法を画像付きで解説

目次

カジノ シークレットの出金方法の種類

カジノシークレットではいくつかの出金方法がありますが、入金実績がないと表示されないシステムになっています。

そのため、電子決済のエコペイズやヴィーナスポイントで出金したい場合は、エコペイズやヴィーナスポイントで一度入金している必要があります。

いずれにしても入金できていれば、何かしら表示されているはずです。

ちゃんと出金できるのでご安心下さい。

※出金画面の例

【カジノシークレットの出金方法の種類】

・エコペイズ

・銀行送金

・ヴィーナスポイント

・アイウォレット

・マッチベター

 

記事執筆時点では、以上の5種類から出金することが可能です。

 

出金限度額・出金スピード・手数料について

次にそれぞれの出金限度額と出金スピード、反映時間ですね。

そして手数料を合わせてご紹介します。

 

1か月あたりの最大出金可能額と出金スピード

次の表は【1か月あたり】の数字になります。

カジノシークレットは1か月で、最大$50,000(日本円約550万円)までの出金限度額ということですね。

一方、出金にかかる手数料は無料となっています。

1か月あたりの最大出金可能額と出金スピード
決済方法 出金限度額(最小最大) 出金スピード 手数料
エコペイズ $20~$50,000 24時間以内 無料
銀行送金 $100~$50,000 指定銀行の2~3営業日程 無料
ヴィーナスポイント $20~$50,000 24時間以内 無料
アイウォレット $20~$20,000 24時間以内 無料
マッチベター $20~$50,000 24時間以内 無料

 

1回の取引あたり及び1週間あたりの最大出金可能額と出金スピード

次は1回の取引および1週間あたりの数字になります。

1回の取引あたり及び1週間あたりの最大出金可能額
決済方法 出金限度額(最小最大) 出金スピード 手数料
エコペイズ  $20~$10,000 24時間以内 無料
銀行送金  $100~$10,000 指定銀行の2~3営業日程 無料
ヴィーナスポイント  $20~$10,000 24時間以内 無料
アイウォレット  $20~$5,000 24時間以内 無料
マッチベター  $20~$10,000 24時間以内 無料

1か月もそうですが、銀行送金の場合は最低出金額が$100とされていますね。

一方、他の電子決済の場合は$20~出金可能です。

 

初回出金時にはアカウント認証が必要

初めて出金する際は、アカウント認証を済ませている必要があります。

アカウント認証については、別記事にてまとめていますので参考にしてみて下さい。

 

参考 カジノシークレットのアカウント認証

カジノシークレットでの出金時の注意点

ここで出金時の注意点についてまとめてみます。

出金申請をしたのに出金できない!と焦る前に、一度確認してみましょう!

 

入金方法と出金方法は同じ決済を選択

オンラインカジノでは、入金方法と出金方法は同じ決済方法を選択する必要があります。

そのため出金できないときは、同じ決済方法を選択するようにしましょう。

※クレジットカード入金の場合は除きます。

 

クレジットカードで入金した場合の出金方法は?

クレジットカードで入金した場合は、銀行送金での出金にする必要があります。

クレジットカードで入金し、エコペイズなどの電子決済サービスで出金したい場合は、エコペイズなどで入金実績を作っておく必要があります。

 

出金限度額を頭にいれておく

上の表をご覧頂くと分かりますが、1回(又は週)と1か月での出金限度額は大体決まっています。

1回もしくは1週間:$10,000

1か月:$50,000

 

そのため出金限度額を超えている場合は、次の週もしくは次の月に出金という形になります。

1週間で$10,000となると、ハイローラーの人には物足りなく感じるでしょう。

限度額の高いカジノでも遊ぶようにしておけば、入出金でストレスなく遊べるはずですね。

 

公式ページで限度額を確認する

 

関連:入出金無制限のワンダーカジノ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スロットは5号機の頃から卒業。今はオンカジの爆発力に夢を見る日々です

コメント

コメントする

目次