スマホゲームは時間の無駄!きりがない人生の無駄というテーマについて

今回はスマホゲームは時間の無駄なのか?

というテーマについて考察してみようと思います。

 

というのも、このサイトで取り上げているオンラインカジノ。

スマホでできるんですね。

「あれ?オンカジも時間の無駄じゃないか?」

と脳裏によぎり、頭の中を整理してみることにしました。

 

「1日24時間、与えられた時間は皆平等」

 

あなた自身が、最高の時間を過ごせるよう参考になれば幸いです。

 

参考 オンカジするならカジノシークレット!おススメの理由11選!

目次

スマホゲーム・ソシャゲは本当に時間の無駄なのか?

今すぐやめたほうがいい!

貴重な時間が無駄じゃないか!

人生の浪費だよ。

スマホゲームなんて何も残らない。

 

という声が聞こえてきそうですが、私なりの結論。

 

その人の目的による。

 

です。

そんなこと言ったらなんでも言えるじゃないか?

なんて声が聞こえてきそうなので解説しますね。

 

本来の目的のために最高のパフォーマンスがだせるなら有り

「スマホゲーム × 目的」

 

これはどういうことか。

スマホゲームの役割って人それぞれだと思うんです。

 

仕事や家事の合間の息抜き…

課金してめっちゃ強くなる!…

みんながやってるから自分も…

なんとなく流行ってるから…

 

挙げたらきりがありませんよね。

 

では、スマホゲームをプレイしてYOUTUBEにアップする。

この場合、目的は広告収入を得るであり、そのための手段としてスマホゲームをするとするならば、全然ありですよね?

 

全く逆の考えとして、ただなんとなく時間が空いたから意味もなくポチポチしている。

これはたんなる時間の浪費なので、無駄といえるでしょう。

スマホゲームに限らずTwitter、インスタグラム、その他のSNSにも同様のことがいえますよね。

 

ただし、「暇つぶし」をするのが目的だとしたら、これもまたありですよね(笑)

「暇つぶし」自体に生産性や成長する糧になるかどうか?はともかく、目的のために手段として活用するならそれはありでしょう。

 

では、スマホゲームを本来の目的の合間にするのはどうか?

これはスマホゲームが息抜きとして機能しているのであれば、全然ありだと思います。

スマホゲームで息抜きすることによって、本来の目的を120%のパフォーマンスで発揮できる!なら全然ありですよね。

心身ともにリセットし、次の仕事に備えるためにバカンスに行く。のような役割を果たしているのであれば、スマホゲーム大いにありです。

 

スポーツ選手やアスリートが練習の息抜きのためにスマホゲームで遊ぶ。

遊んだ分、本業のスポーツで結果を残すための練習に120%集中することができた、のなら最高の息抜きのはずです。

 

本当に自分がしたいことに対しての、最高のパフォーマンスをだすための休憩時間。

としての役割を果たすなら、スマホゲームはメリットがあるでしょう。

やりすぎて時間を費やしすぎては本末転倒でしょうけど(笑)

 

本当に息抜きとして効果を発揮していますか?

「今は息抜きの時間だからスマホゲームしよう!」

どう思ってプレイするかは自由です。

本来の目的を達成するための息抜きになっている。のであればあり、と記述しました。

 

ですが、本当に心の奥から息抜きになっているか?自身に問いかけることは、かなり重要なポイントだと思います。

 

心の奥底から、子供の頃のように無邪気に、夢中になれていないのであれば

それは考え直す必要があるでしょう。

もっと他のことに時間を費やすタイミングかもしれません。

 

惰性でスマホゲーム、していませんか?

 

定期的に自己分析する時間は大事。なのかと。

 

重要なことは何のためにスマホゲームをするのか?

つまりスマホゲームを何のためにするのか?

目的達成のためにスマホゲームが役立つのであれば、やるべき。

(スマホゲーム自体が目的になっている人もいるかもしれませんが…)

スマホゲームよりも役立つことがあれば、そちらをするべきです。

 

どんな時間を過ごすかは人それぞれですよね。

 

1か月後、半年後、1年後

 

スマホゲームをやり続けた結果の自分と

別の時間をすごした結果の自分

 

アプリを立ち上げる前に、一瞬だけ手を止めて考えてみて下さい。

 

きっとあなたが本当にするべきことが浮かぶはずです。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スロットは5号機の頃から卒業。今はオンカジの爆発力に夢を見る日々です

コメント

コメントする

目次